【お知らせ】洋光台エリアでお店をなさっているすべての方々へ♪

簡単無料!当洋光台HPに随時PR更新掲載!

地域とあなたがリアルタイムでつながる
『”洋光台 つながる♡プロジェクト“』。
第1弾:
「近所には知らないお店がまだまだ沢山あるみたいっp!」
が本日スタートです♪
ごあいさつ
staff_image
 こんにちは。当方は、洋光台エリア活性化次世代まちづくりを意識した、洋光台のニュースやイベント情報などをインターネットで発信している、「Lovely YOKODAI(ラブリー洋光台)」という、パソコン&スマートフォン両対応版ホームページを立ち上げて運営させて頂いている、洋光台出身&在住の住民ボランティアの光透と申します。

この度は、洋光台エリアお店開業なさっていらっしゃる皆様へ、私(一住民)からご提案をさせて頂きたく、お知らせお願いをさせて頂きたいと思います。line-musicご存じですか?

神奈川県下「多世代近居支援の街づくり研究会」や、横浜市の環境未来都市の対象地区・モデル地区として選定された、洋光台エリア。UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)は、平成25年より、洋光台地域に於けるエリア活性化プロジェクト「ルネッサンス in 洋光台」の取組を進め、2015年は、テレビなどでも取り上げられたり、12月には洋光台在住の高校生も参加した「洋光台 次世代まちづくりプロジェクト」も発足され、話題になることが増えて参りました。

そんな中、「ラブリー洋光台」(PCのみ対応版)は、
しかし、「地域で日々営まれている、それぞれの活動が、一元的に把握出来るホームページなどが見当たらず、進行状況や様々な街の様子を、住民が簡単に見つけ出すのには不便な状況だ」と日々感じていた、団塊の世代にあたる発起人の一住民が、「無いなら創ってしまおう」と一念発起するに至り、ラブリーさんによって、2014年に開設されました。

そしてその後、それを知った団塊ジュニア世代以後の私は、
「新聞などの紙媒体メディアの衰退が著しい昨今、これからは、PCだけでなく、スマホやタブレットで見られて、企業がPRにも使うFacebookなど、無料外部サービスサイトとも連携がとれるシステムで構築されたWEBサイトが必要」と考え、スマホ対応サイト版の「Lovely♡YOKODAI」を自身で立ち上げるに至り、少しずつ制作して、現在10か月近くが経つところでございます。

これから予期されること

また、2015年末、新国立競技場のデザインに採用された隈 研吾氏は、現在、洋光台で進行中のUR都市機構「団地の未来プロジェクト」で新しいライフスタイルの建築・空間設計を創造するデザインアドバイザーであり、洋光台駅前のサンモール洋光台駅前広場改修も担っていることや、
昨年、洋光台エリア数ヶ所で撮影されていた映画もいよいよこの夏公開予定であることから、さらなるサイトアクセスページビューが見込まれ、今年は、洋光台がさらに注目される年となる気配です。

時代の流れにのる

今現在、企画制作など、住民と皆様にとって「あったら便利なのに」というページアイデアや、イベント企画サイト連動企画など、色々な展開を検討中ですが、

まずは、時代の移行に合わせ、お店をしていらっしゃる皆様と街の人々つなぐ、様々なインタラクティヴ(双方向)な仕組み作りプロジェクトから進めていけたらと思っております。

ですので、もし宜しかったら、今年からは、いつも洋光台を活気づけて下さっている、皆様方にも、このプロジェクトにご賛同頂けます場合には、ぜひご協力いただきまして、洋光台エリアの活性化促進の一歩として、ご一緒に新たな試みを始められたら、と願っている次第です。line-music変化が加速中

さて、ここからが、本題でございますが、
昔は、消費者の購買行動パターンとして、新聞の折り込み広告を並べて比較検討していた人々が、ここ数年のスマートフォン急激な普及や、アベノミクスの影響などにより、
今は、インターネット価格比較サイトや、スーパーのインターネットチラシアプリなどで情報収集し、市場調査をした上で、あまり寄り道もせず、目的のものだけを購買してお帰りになるような、お財布の紐が固くなっている方が増えている時代です。

そのため、売上を伸ばすために、どんな企業も、日々のプロモーションの方法時代の潮流に合わせたものへ切り替える等、改めて見直される企業の皆様も増えました。

そんな、本格的なネット時代に突入した現在、開業なさっていらっしゃる皆様方は、集客のためのホームページ等を開設され、随時、情報発信されていらっしゃる方はご存じの方も多いことと存じますが、サイトを見つけてくださるたくさんの方が、毎日洋光台のお店の検索をされている状況です。サイトやSNSなどのネットの告知媒体をお使いになって、検索サイトへの最適化を続けていますと、必然的に、この地域の方々のニーズがよく分かるようになるのですが、スマホやタブレットユーザーの比率が大変増えましたので、これからは益々、その辺りを考慮した的確な仕入れ・商品開発や、オリジナリティのある付加価値を強調した市場創りやPRが、大変効果を上げることになります。

ほんの少しの行動でメリット大♪

しかし、私が今回ご提案させて頂きたい内容は、すでに、インターネットを活用したPRを展開されていらっしゃる方も、未だお店の情報が随時掲載されるようなホームページ等をお持ちでない店舗様方であっても、ネット環境と、アクセス・デバイス(PCやスマホ)さえお持ちならば、経費を全くかけずに出来る方法ですので、予算やランニング・コスト(維持費)を考える必要もなく比較的気軽に、ご協力頂きやすいものであろうと感じております。

大手企業の店舗様などは、すでにtwitterはご利用のことと存じますが、当方のようなポータルサイト(玄関口となるウェブサイト)からもtwitter投稿が閲覧出来るようにしておくことで、インプレッション数(見込み客の目に入る機会)が確実に増えますので、ご検討頂けますと幸いです。line-music具体的な方法とは?

では、ここから、具体的な方法のお話をさせて頂きます。

インターネットの世界には、twitter(ツイッター)という、コミュニティ・ツールの無料サービスがありまして、これは、

「つぶやきのような短文の投稿を世界中に簡単に発信出来、
 人間関係をあまり気にせず、気が向いたときに、人とゆるくつながることが出来る」

という特徴があるサービスのため、現在では、日本を含め、世界中の小学生から80代位の方までの、実に多くの個人や企業、法人や政治家、総理や各国の大統領までもが、ご自身のアカウント(ID)を取得して開設・運用されており、日夜つぶやきを投稿され、会話や情報収集などを楽しんでいらっしゃる状況でございます。

このシステムは、先ほども申し上げた通り、「ゆるく気軽につながれる」ような機能が搭載されており、
誰かのツイート(つぶやき)を、随時見逃したくない場合や仲良くなりたい場合には、その方の、アカウントをフォローしたり、フォローされたりすることで、
ダイレクトメッセージも含めたコミュニケーションを図ることが出来るサービスとなっていて、政治家だでなく企業や個人事業などのあらゆる方々にとっての趣味やビジネスツールとしても広く認知され、とても普及しています。

そして、投稿する文に「画像や動画の添付」が出来るなど、他にも様々な機能があるのですが、その中の1つに「ハッシュタグ」という機能があります。
これは、投稿の際、文のどこかに、特定キーワードの前に「#(シャープ)」をつけたもの(=ハッシュタグ)を、合わせて併記して投稿すると、
閲覧者は、世界数多に発信されている投稿の中から、その【頭に「#(シャープ)」をつけた特定キーワード】がつけられて投稿されたものだけを、拾い出して瞬時にリストを表示させ、読むことが出来るというものです。

まるで、特定のキーワードで付箋ラベルを貼ったようなものなので、「タグ」と言われています。
ハッシュタグ」利用の例といたしましては、
#洋光台」というものを短文の中や前後につけて投稿した場合は、「#洋光台」とタグけされた、投稿だけを拾い集めて、今その地域で何が起きているのかを把握出来たり、洋光台と関わりがある方を見つけ出したり、募ったりなどして、知り合うことも出来ますし、その機能をどう使うかは、アイデア次第で多様に使えるものになっています。

皆様の投稿を自動で反映表示

今回は、洋光台エリアでお仕事をされていらっしゃる皆様と、通勤通学エリアなどの方や住民たちを、ゆるくつなぐきっかけ作りとして、この「ハッシュタグ」を活用し、皆様の集客フィードバックなどのツールとして、ただtwitterでつぶやくだけではない効果を持たせるために、当サイト内に、この皆様が投稿した一覧が常に表示されるページを設けましたので、
(http://lovely-yokodai.yokohama/?p=4912)

まずは、皆様には、皆様のイベント告知タイムセールなどの新鮮な洋光台エリアの商業活動のお知らせがありましたら

出来れば、これからは、twitterでその旨を投稿して頂くことをお願いしたく、
その際に、特に、

当サイトにも表示させたい投稿に関しましては、
#洋光台

#YKD_Shop
(ハイフンではなくアンダーバー)

という2つの「ハッシュタグ」をつけて、
twitterに投稿して頂けませんでしょうか。
【投稿文例】

そうしましたら、すでにある、当方のホームページの中に、今回このツールのシステムを組み込んだことにより、
洋光台のお店方の新鮮な情報が、随時リアルタイムで、自動的タイムライン化された状態表示させることが出来るため、皆様も、当方も、新たに経費をかけてホームページなどを作ることをしなくてもよいわけです。
(上記の該当タグを付けて投稿されましたら、コチラページで反映状況をご確認頂けます。)

そしてまた、住民などの閲覧者側が、もしtwitter(ツイッター)というツールの存在を知らない方々だとしても、
洋光台エリアに留まらず、世界中のみんなが、twitterページではなく、一元化された当ホームページ上で、情報を収集したり、コミュニケーション出来るようになります。line-musicプロジェクト開始のタイミングとしては完璧

このプロジェクトの企画案が天から降ってきたのは、今月5日の新月直後だったのですが、私がそのアイデアを直観で受け取った、ちょうどその日、なんと、
「Twitter社が、ツイートにおける140文字制限を変更し、2016年第1四半期の間に文字数制限が1万字に拡張予定であること」が報じられました。

元々DM(ダイレクトメッセージ)機能もありますが、こちらを1万字までと変更したように、ツイート投稿における文字数上限も1万字までとなり、テキスト検索などの利点が出てくる模様です。
販促では必須ツールのメールマガジンの整形のように、読みやすく整えたり装飾して投稿すれば、独自ホームページをお持ちでない方にとっても、かなり有効活用出来ることになりますね!

いかがでしょうか? twitterは、既にアンケート機能は実装されておりますが、これからは、ウィスパー機能とか、グループチャットとか、いろいろと進化するタイミングのようですので、どうぞすべての洋光台エリアの方々に、今、この試みが始まることが知られていくことで、参加者と、人と人の繋がる場所が増え、エリアのエネルギーが循環しさらに活気を増してまいりますよう、ご協力の程、宜しくお願いいたします。line-musicその後の展開は様子を見ながら

参加店舗様が順調に増えていきましたら、ハッシュタグを増やし、お客様から見つけて頂きやすくするために、業種などのカテゴリー別にページ分けなども進めて参りたいと存じます。
また、店舗様と同様に、エリア内でのサークル活動やカルチャーや、売ります買いますなどの便利コミュニティページついても、今後様子を見ながら、このようなご案内を別タグを発行してさせて頂くつもりでおります。

参考リンク:「Twitter (ツイッター)」の登録から使い方、活用方法

(1/14更新・・・
洋光台エリアの無料掲示板」がオープンしました。こちらは、Facebookとの連動で当サイトに掲載されますので、Facebookご利用の際はぜひご活用ください。)


この新たな試み・・・盛り上がるか否か、浸透スピードなども含め、どのような展開になっていくかは、このエリアに関係しているわたしたち次第ですね。
ですが、その流れを素早くキャッチして対応し、うまく流れにのって、すべての環境と調和して繁栄するサイクルをみんなで創り出すようなまちづくりをしたいものですね。

この、今読んで頂いているプロジェクトも、多世代交流の一環だと感じております。時代の流れを素早く察知するのは割と得意なタイプですので、私も個性を活かしつつまちづくりに参加させて頂けることに感謝いたしておりますので、何かございましたら、

■「光透(こと)」(当方=PC&スマホ両対応サイト運営)
WEBサイト: 「Lovely♡YOKODAI」横浜洋光台ニュース&ポータル
twitter@Lovely_Yokodai
連絡先お問い合わせフォーム

もしくは、

■「ラブリー洋光台」さん(PC版サイト運営)
WEBサイト: 「ラブリー洋光台」洋光台コミュニティ
twitter@LovelyYokodai
連絡先お問い合わせフォーム

まで、ご遠慮なくお声をおかけくださいませ。

そういえば、先日ラブリーさんが、洋光台に保育所の新規開設をしようと準備していらっしゃる方に出会ったそうです。待機児童が増えないことは、この街に、未来を担う新生児たちが増え、健やかに育つのに大切なファクターですので、大変心強く感じました。

「子育てもしやすそうで、引っ越して来たいなー♡」と、さらに感じて頂けるような魅力を発散している街となるよう、今までの経験を活かしたお手伝いさせて頂ければと思いますので、これから、どうぞご一緒によろしくお願いいたします。


Flj
光透@STAFF

光透@STAFFLovely YOKODAI STAFF

投稿者プロフィール

本年もどうぞよろしくお願いいたします✨
各被災地の方々に必要なものやことが、滞りなく届きますように(*´▽`*)♡

この著者の最新の記事

関連記事

「いいね」を押して洋光台を応援♡


ラブリー洋光台サイトについて
友だち追加 Instagram

“洋光台関連”メディア放送

2017
1月15日(火)22:00~22:30
 TBSラジオ『橋幸夫の地球楽団』

2016
10月25日(火)12:00~13:30の中
 TVK『猫のひたいほどワイド』
10月11日(火)12:00~13:30の中
 TVK『猫のひたいほどワイド』
10月4日(火)12:00~13:30の中
 TVK『猫のひたいほどワイド』
9月27日(火)12:00~13:30の中
 TVK『猫のひたいほどワイド』
9月10日(土)21:00~21:54
 BS-TBS 週刊報道『Bizストリート』

2015
11月21日(土)18:00~18:55
 BSフジ「極皿~食の因数分解」
10月2日(金)12:00~12:30の内5分
 TVK「ありがとッ」団地の未来P紹介
10月9日(金)12:00~12:30の内5分
 TVK「ありがとッ」洋光台グルメ情報
10月16日(金)12:00~12:30の内5分
 TVK「ありがとッ」洋光台プレイスポット情報
   「Happyハロウィン in 洋光台2015」
10月26日(月)24:30~24:58
 NHK World「Face To Face #6 佐藤可士和」

フリーペーパー

  1. 横浜・洋光台SHOP店主の雑記ペーパー「Sugusoko」2017年5月号
    洋光台「SHOP27」のお茶と海苔の『いしだ園』さんや各所で入手出来る、SHOP店主の雑記ペーパー「…

メディアニュース

  1. 「シン・ゴジラGENERATION」ロケ地洋光台の紹介が掲載されました
    昨年アカデミー賞7冠達成した、『シン・ゴジラ』映画のムック本の決定版『シン・ゴジラ GENERATI…
  2. 11/16~20『これからのライフスタイルを考えるvol.2』CCラボで開催!
    2016年11月16日(水)~20日(日)まで、サンモール洋光台CCラボで開催されるワークショップや…
  3. 『ハロウィンin洋光台2016』のイベント企画・製作&参加者募集!
    公開日:2016/3/6 最終更新日:2016/10/4昨年開催された『Happyハロウィンin洋光…
  4. 今秋9/27~TVK「猫のひたいほどワイド」にて洋光台特集放映!
    2016年9月27日から10月まで3回に渡り、テレビ神奈川の昼番組「猫のひたいほどワイド」にて、洋光…

PICKUP EVENT

  1. 洋光台地区社会福祉協議会“福祉バザー”
    毎年恒例の洋光台地区社会福祉協議会「福祉バザー」を開催いたします。 ■日時:6月4日(日) ■時…

ページ上部へ戻る